FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

OLD »

白日

白日を踊る
塗りつぶす空白
アイシャドウが紫の跡
選択は交わる 決断は染まる
混じらない色に狂って
灰色の彼方 赤色灯 先行 再生

スポンサーサイト

この心
街の声
風を通して
空が鳴る

リボン

光に
蛍光灯に
結んである
赤いリボン
引っ張って
右手に旅客機
曇り空を着陸体勢
天気予報を気にして
ありふれた愛を歌ってる

繋がってる
それもこれも繋がってる
まだちょっと寝ぼけてるけど
目が覚めたら そう思うよ

僕は

僕は
君みたいに
可愛くないし
美しくもないから
心から傷つけてしまう
優しくて 悲しくて 怒って
泣き出してしまったら
どうやって笑わせようかな
自分に出来ることを考えて
開いた地図を愛で塗り潰したら
国境も肌の色も関係なかった
何度でも生まれ変われるんだ
手を開いて 腕を広げて 抱き締めよう

君を想えば世界は美しい
僕は君がいないと始まらないんだよ

いつか

いつか
自分を探して
名前を呼ばれて
誰もが世界に一人
君と手を繋ぎたくなって
僕が夢見た空は自由
笑顔が素敵な人を見つけたら
結婚したっていい

目を閉じて 想像してごらんよ
愛より大きなものは見つからなかった

あの日

あの日
海を見たい
彼女は言った
理由は分からない
青空を海まで歩いて
地平線に架かった太陽を見た
振り返ると彼女の姿はなかった

あの日 彼女は空を飛ぶ鳥を指して
少年のように海を見詰めていた男の下を去った

 
        花は咲き


        月は踊る


        僕は酔い


        愛に死ぬ


 securedownload2.jpg

旅の終わりに

聞かれたよ
旅の終わりに
隣に座った女に
好きな人はいるのって
聞かれたから正直に答えた
最後に君の声を聞いてから
どれだけの時間が過ぎたろう
距離が同じだった どんな顔されても

窓の外はあいにく夜で
これと言った景色も見えない

一人 遠くへ行って
誰と出逢って 何を持って どこへ行って どこへ帰るのか
まだ何も分かってないんだ

見たんだよ
旅は続く
前を見て言った女に
笑顔向けられたあと
人生を見て言葉を失った
人へ向かって答えられるまで
どんな人生を生きて来たのか
思った 名前ぐらい聞けばよかった

翻って昨日の夜は一人
荒れ狂った海を見ていた

一人 遠くへ行って
誰と出逢って 何を持って どこへ行って どこへ帰るのか
まだ何も分かってないんだ

君に話したいことがたくさんある
旅へ出た日にはもっとたくさんある

一人 遠くへ行って
誰と出逢って 何を持って どこへ行って どこへ帰るのか
ことあるごとに俺は笑うよ

君の声

どことなく
懐かしい声
出会ったばかりなのに
こうやって人を想うのは
優しくなったからかな
木漏れ日のような声は
奥の方でざらついているのに
ジョンよりポールが好きなんだって

抜けるような空の下
ギターを持って旅に出よう

雨に濡れて

夜には
雨が降ると解ってる
先を解って傘を持って行かない
帰り道 立ち止まって 君が空を見詰める頃には
理由を探さないと抱き締められなくて
時は降り出した雨に濡れて 君を伝えてみせるから
何も言えなくて

雨に濡れて
まだあの雨の中を歩いてる

瞳は
雨を通し透き通る
長い髪を伝って描き出す
雨の道 纏ってみせる君の姿 綺麗だと思う
思えば始めから答えを解っていて
全ては降り出した雨に濡れて 君が視線を戻す瞬間
何も言えなくて

雨に濡れて
まだあの雨の中を歩いてる

雨音 傘はない
もう何も偽れない
街灯の光が雨を縫って
君を浮かび上がらせた

雨に濡れて
またあの雨の中を歩いてる
雨に濡れたくて
まだあの雨の道を歩いている

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム