FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2013/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/04

OLD »

旋回

イギー・ポップに憧れた夏に
あの子が言ったのはママの悪口
新しい注射器で血を入れ替えて微笑んだ

鳥の群れが高層ビルを旋回して往く
存在の証明に名前を与えて
鳥の群れが落日の日を旋回して往く
存在の代償に孤独を与えて

星を捕まえようとした夜
裏切りのメロディに月は踊る
マンションの屋上で光が想いを繋いだ

鳥の群れが街の喧騒を旋回して往く
存在の証明に言葉を与えて
鳥の群れが人工の灯を旋回して往く
存在の代償に孤独を与えて

イエス・キリストが生まれた朝に
あの子が見せつけたのは鮮血
地下街のトイレで傷口にキスしてみせた

鳥の群れが観覧車を旋回して往く
存在の代償に痛みを与えて
鳥の群れが灰色の空を旋回して往く
犠牲の魂に孤独を与えて

全ての始まりとその終わりを見送って
さようならと手を振った
年老いた詩人は人生は別れだと謳った

鳥の群れが夜の帳を旋回して往く
十字路の人込みで彼女が目を閉じて
鳥の群れが再生の朝へ旋回して往く
健全な身体に命を宿して

 Thank you, A.F.
スポンサーサイト

往還

いつか怒りが憎しみを落とし
遠ざけたのは私の記憶
恐れの中で軌跡を辿り
縛られた言葉から手を離す

あなたがいてもいなくても
鳥籠の鳥は飛んで往く
あるべき場所へ想いは還る
やがて痛みが私を還す

触れた命の優しさの中に
沈めたのは私の祈り
錆びついた手で奇跡を繋ぎ
追いかけた自由から手を離す

あなたの孤独な世界を
鳥籠の鳥は飛んで往く
光射す海へ想いは巡る
やがて痛みが私を還す

目の前の孤独な世界を
鳥籠の鳥は飛んで往く
あるべき場所へ痛みを還し
やがて全ては始まりへ還る

螺旋

螺旋の輪の中
遠ざかる記憶

裸足のままで
世界を蹴った

時を積み重ね
紡ぎ出す歴史

意志を突き抜けて
辿り着いた奇跡

血と血を繋ぎ
螺旋の輪を往く

悲しい程に
美しく散り
全ては巡る

来世で逢おう

邂逅

僕らは生まれ落ちた時に全てを見ていた
僕らは始まりの瞬間に全てを知っていた

いつしか真っ直ぐだった物は斜めになり
いつしか白は黒に 黒は白になった

いつかの君は笑って見えていたのに
いつしか君の顔は歪み瞳は曇った

何を得て 何を失い 何を拒んだ
何を見て 何を選び 何を受け入れた

君の中に生きているのは誰
君の奥に住んでいるのは誰

かつて道は真っ直ぐだった 時に右へ左へ逸れ
君は君が創った道をここまで歩いてきた

あの日あの夜に泣き叫んでいたのは誰
あの日あの道で躓き倒れていたのは誰

あの日に幼かった君が立ち尽くしている
あの頃の幼かった君が僕を見ている

いつか僕らは出逢うだろう
いつか僕らは見付けるだろう

君は僕の中の君に気付くのかも知れない
僕は君の中に僕を見付けるのかも知れない

いつか僕らは何かを許すだろう
いつか君は自分を許せるだろう

捨てなくてもいい 壊さなくてもいい
忘れなくてもいい 沈めなくてもいい

君は君を見詰めて そっと手を放せばいい
その時あの日の幼かった君が君に笑いかける

24時の天使

C    FM7 G  C
 君は24時の天使
C       FM7   G     C CM7
 ラブソングを歌いにやって来た

C FM7 G C,Cadd9

C    FM7 G  C
 君は24時の天使
C     FM7     G      C CM7
 悲しみを終わらせにやって来た

C FM7 G C,Cadd9

C    FM7 G  C
 君は24時の天使
C    FM7   G    C CM7
 星と星を結んで微笑んだ

C FM7 G C,Cadd9

C    FM7 G  C
 君は24時の奇跡
C     FM7      G    C CM7
 明日を迎えにやって来た天使

FM7,CM7 FM7,CM7 FM7 G,Fadd9

24時の天使

FM7 FM7 Fadd9 Gsus4,G7sus4

FM7  C   G  Am7
 僕は24時の天使
FM7    C   G       Am7
 君が想う以上にロマンチスト

FM7  C   G   Am7
 僕は24時のブルース
FM7    C  G    Am7
 愛を歌う以上は夢旅人

FM7,G FM7,G Fadd9 Gsus4,G7sus4

FM7  C   G  Am7
 僕は24時の天使
FM7     C  G       Am7
 君を照らす星を捕まえて来た

FM7  C  G    Am7
 僕は24時を夜を走る
FM7  C       G    Am7
 君をさらいにやって来た天使

FM7,G FM7,G FM7 Fadd9

MARIE

マリー どうして君はそんなに美しいの
マリー どうして君の言葉は素敵なの
マリー どうして君の声は柔らかなの
マリー どうして君は頑張り屋さんなの

カーテンの隙間から零れる太陽みたいなマリー

君のことを想うと優しくなれるから
ロマンスは水色の夢の中

マリー 迷わずに会いに行けたら
君みたいに笑えるかな
マリー 真っ直ぐに走って行けたら
君みたいになれるかな

マリー どうして君はそんなに輝くの
マリー どうして君は自然に笑えるの
マリー どうして君のリズムは緩やかなの
マリー どうして君は素直に泣けるの

人の幸せを先に考える天使みたいなマリー

君がそこにいないと困ってしまうから
守れない約束は夢の中

マリー 涙の理由を知れたら
君の笑顔に会えるかな
マリー 迷わずに抱き締められたら
君みたいになれるかな

色鮮やかなどんな花にだって例えられるよ マリー

君が笑う側には笑顔があるから
幸せのイメージが胸の中

マリー 散らばる星を集めたら
君みたいに飛べるかな
マリー 素敵な予感と手を繋いだら
君みたいになれるかな

いつもごめんね ありがとう マリー

永遠

生まれてきたから生きてみたんだ

死にたくないから生きてみたんだ

触れるもの全て傷つけるような

そんな時代はもう終わったんだ

生まれてきたから涙したんだ

生きていたいから愛したいんだ

生まれてきて良かったと思えたら

思い出せるのは笑顔だけだぜ

生きているだけでもう十分だ

何度でも生まれ変われるんだ

お前が愛しくて仕方ないから

こんな世界は変えられるんだ

生まれてきたから出会えたんだ

忘れたくないことがあるから

愛したいから生きているんだ

悲しみを笑顔に変えに行くよ

そんな明日を夢見てるんだ

ガールフレンド

あの子の気まぐれで世界が滅びても

あの子の幼さに世界が呆れ返っても

あの子の落とす視線の先

あの子の涙だけが真実

あの子の革命で世界が乱れても

あの子の正義が世界を敵に回しても

あの子の指がなぞる軌跡

あの子の体温だけを信じる

あの子の笑顔が理由になったから

あの子の我儘で世界が滅びようと

あの子以外は取るに足らない

あの子じゃないと夢にならない

この世界のどこにも天国なんてないけど

あの子だってそんなことは解っているから

この世界のどんなに偉い人達よりも

あの子の悪戯が世界を救う気がする

なんだかそんな気がして仕方ないから

だから僕はあの子と手を繋いでいたい


WORLD'S END GIRL FRIEND

ファイナルアンサー

勝ち続ける人はいつか孤独だろう

負けて知ることが出来たのは弱さ

勝っては負けていつか知れた痛み

君の名前その命その魂その個性

自分の正義を信じるだけだよな

間違っていようが正しかろうがさ

やっぱり自分が一番可愛いんだろ

結局は自分を肯定するだけだよな

君が汚れていないとは言わせない

人が綺麗に死ねるなんて思えない

この世界から戦争がなくなると思うか

今もどこかで誰かが殺されているのに

君の幸せは誰かの不幸かも知れない

人は生き残る為に戦うしかないんだろ

この世界はそういう風に出来ていたから

俺達は歯車の一つとして回るだけなのに

空回りを繰り返してはサイレンが鳴ってる

その涙に意味はあるんだよな

もう覚悟は出来てるんだよな

今日の答えは明日の答えじゃない

今日の君は明日の君じゃない

最後の瞬間に俺は君に応えられるか

最後の瞬間に君は俺に答えられるか

この闘い下りられやしないぜ

この絶望終わりやしないぜ

愛なんて定義できないんだ

それでも俺達は行くんだよな

信じるしかないなら、俺は信じるよ

どうせ信じるんなら、君を信じるよ

行くしかないんならさ、とっとと行こうぜ

行くしかないんならさ、真っ直ぐ行こうぜ

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム