FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2013/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/11

STRIPPED

最後の最後に切り捨てたカード
俺を傷つけるのは簡単だから
雨の日に捨て猫みたいな顔しても
そこで両目開いて見るんだろ

絶望を踊らせてみせた女は
作り笑いを浮かべた夜に死んだ
錆びついた過去なんか捨てて来いよ
飽きるまで舐め回した傷だろ

全部脱ぎ捨てたら何が残った
俺は君が隠したジョーカー
壊せるだけ壊して濡れた身体
俺は君の核心に触れるよ

全部脱ぎ捨てたら何が残った
俺は君が降らせた雨の中
嘘を押し殺して何が見えた
俺は君の体が欲しいだけだよ

最後の最後に吐き捨てた言葉
君が傷つく姿は奇麗だから
雨の日の孤独に吐き気を覚えても
ここで両目開いて見るんだろ

カーブを曲がれないイカした女と
自由を履き違えアクセルを踏んだ
色褪せた夢に悪魔が笑えば
俺達に未来なんかないよな

全部脱ぎ捨てたら何が残った
俺は君が捨て去るジョーカー
血が滲むまでキスして堕ちた身体
俺は君の確信に生きたよ

全部脱ぎ捨てたら何が残った
俺は君が見上げた雨の中
涙、削ぎ落として何が見えた
俺は君の命が欲しいだけだよ
スポンサーサイト

欲望

いつか来た道はまっすぐだった
冷めた眼の色は自意識に散った
長い旅の慰めに花を飾って
空を歌う鳥を撃ち落とした

雨を伝い痛みを繋いでも
太陽の様に笑って月を抱いて眠る女が必要

いつか見る空はさよならだった
太陽の様に笑って月を抱いて眠る女が必要

朝が来たら

夜が長すぎて一人じゃ眠れない
二人は多分とても似てるから
何もなかったような顔して笑うけど
朝が来たら一緒に途方に暮れよう

夜が長すぎて一人じゃいられない
本当のことには気づかないふりして
何もなかったような顔して抱き合って
朝が来たら一緒に途方に暮れよう

今夜も綺麗だね、姫

世界を美しさで支配して
私は普通の女の子なんて

誰よりも自由に生きてるのに
愛には縛られたいとか
ちょっとだけわがままかな

今夜も綺麗だね、姫
きっとそれだけが真実だから
一緒に踊ってよ、姫
ドラマなら録画しとくからさ

何を着たらいいか迷うけど
私は愛のために闘うんだって

昨日のキスには意味がないのに
愛したがり屋さんだから
心から傷つくんだよ

涙...綺麗だね、姫
別に言うことないんだけどさ
泣いたら笑ってよ、姫
まつげの数、数えとくからさ

世界を救う旅の途中
繋ぎ合わせた幸せは
ちょっとだけ大げさだけど

今夜も奇跡だよ、姫
流れ星がロマンスな夜だから
願いごと言わなきゃ、姫
人生はもうチョコレートの箱の中なんだ

今夜も綺麗だね、姫
きっと今だって永遠だから
一緒に歌って笑ってよ、姫
ドラマならハッピーエンドに終わる運命さ

 Thank you

メロディ

キスしたら口癖がうつった
抱き締めたら世界が変わった
猫にご飯やるのを忘れた
思い出せば手を繋いでいた

キスしたら涙がこぼれた
抱き締めることしか出来なかった
愛してるって言うのを忘れた
思い出せば手を繋いでいた

キスしたらメロディが浮かんだ
抱き締めたら世界が変わった
空が青くて僕らは笑った
思い出せば手を繋いでいた

世界で一番美しい人を見つけた

一歩踏み出せば抱き締められる
その距離で君は無防備に笑う
隙だらけだから気をつけないとね
でも笑顔の意味は考えてみるよ

助走もとらずにぶつかってきて
いつだって君はまっすぐに笑う
愛は大袈裟なぐらいが良いから
鏡合わせみたいに笑うだけなんだけど

腕を伸ばしたら夢に届きそう
この距離の君は完璧だと思う
見つめ合うなら気をつけないとね
答え合わせなんか必要ないんだから

きっともう僕らは出会ったよ
愛することは簡単だって
じゃれあって泣いて笑って 見つけた
抱き締めたいとしか思えない君を見つけた

君の胸に届けば正夢
三段飛びで未来を跨いで
目の前に無邪気な笑顔 見つけた
世界で一番美しい夢を見つけた

今夜また世界は変わるよ
信じるも信じないもないんだ
目の前は光へ微笑んだ 
世界で一番美しい人を見つけた

Empty Sky

人は夢を見るが
夢の行方は知れない

届かない空
太陽は雨に出会う

君は夢を見たが
その羽は血に染まる

手を翳す空
あの鳥は地に落ちる

結局見上げた様だ
怒りを押し殺して
結末は矛盾に消える
怒りは押し殺された

その目には色のない空
Empty sky

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム