FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/10

ピアノ

誰々さんは何々君と
あれこれとかが今流行りとか
気にしないの面白くもなんともないし
ここは私の居場所じゃないんだ

チャイムが鳴るのを待って刺し殺したら
教室まるごとプレゼントしてあげる
このちっちゃな箱、誰か掃除しといてね

スカートの埃を払って
グレーを駆け足で抜き去るよ

ねえ、通学路ってなんなの
ねえ、なんか教えてくれたの
ねえ、なんで笑ってられるの
ねえ、どこまで続いていくの

ねえ、それを教えてくれないなら
私は音楽室のピアノ叩いているわ
ねえ、キーが見つからないんだけど
私は音楽室でピアノ叩いているわ

じゃあね、バイバイ!
スポンサーサイト



松本人志

ゴキブリの尊厳に人を見る
頭を叩きつけるのは自由

あんたの狂気に言葉を授かる
ここで悲しみを生きるために

国道に倒れて星を見てる
ハンドルは想像に切られた

あんたの狂気が命を救う
いつか悲しみを笑うように

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム