FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/10

空ばっか

空ばっか見てる
校庭を走る女子を見るのも飽きた
友達はいない
16を数える日には死ねばいいから

飛行機が町へ落ちて行く
鳥が感情を消して行く
空ばっか見てる
自由すぎて空ばっか見てる

曖昧に笑う
セックス・ピストルズに誘われても
ピアスはしてない
孤独の行方に今は空を見てるから

飛行機が町へ落ちて行く
鳥が感情を消して行く
空の五線譜
自由すぎて空ばっか見てる

(授業さぼって空ばっか)
(飛べないくせに空ばっか)

踊り場には絶望も希望もなくて
そこには誰もいないはずだった

飛行機が空へ消えて行く
鳥が青空を変えて行く
言葉に出来なくて
自由すぎて空ばっか見てた


 Thank you, 1-A-17歳
スポンサーサイト



プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム