FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2014/101234567891011121314151617181920212223242526272829302014/12

この街の通り道

この街は天国じゃないけど地獄でもない
俺は路地裏でギターの弾き方を教わって
あの曲はいつも君の言う通りだと歌っていた
この街は君には優しくなかった

街がざわつく頃 悪夢に目を覚ました
アルコールを入れないと眠れなくなって
家に帰ればゴタゴタが待っていたから
通りへ出掛けて行っては夢を見たけど

ガラスの靴のサイズが合わないと言って
シンデレラは夜明けの街で立ち尽くしてた

いつだってあれもこれもそれも欲しくて
ショーウインドウは人生を映してた
誰もが何かを探していたけれど
誰もが急いでいた この街の通り道

この街が歌うのはありふれた物語
俺が路地裏で教わったコードは間違ってた
そのことに気付いたのは五年も後のことだったけれど
そんなことは俺にはどうでも良かった

夜は学校だった 人生を教えられた
高い靴を履き慣らしていい気になって
石を蹴り飛ばせば誰かに当たるから
恋に落ちるには五秒あれば良かった

名前も知らない女の子に恋しては
噂話はいつも道に捨てられた

それなりの幸せと悲しみがあって
街の片隅に人生が転がってた
誰もが何かを抱えていたけれど
誰もが自由だった この街の通り道

この街が歌うのはありふれた物語
俺は路地裏でスタンド・バイ・ミーを歌ってた
ジョン・レノンみたいに傍にいて欲しいと叫んでた
君はもうこの街にいないのだけど

街の恋人達は腕を組んで
ショーウインドウの向こうを眺めてる
誰もが何かを探して歩いてた
誰もが夢を見ていた この街の通り道

この街は天国じゃないけど地獄でもない
俺は路地裏でギターの弾き方を教わり
家に戻ってみるとピアノは埃を被っていた
この街は君には優しくなかった
スポンサーサイト



プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム