FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2014/101234567891011121314151617181920212223242526272829302014/12

ロックンロール

自由だけを歌って
殺風景な部屋
シングルベッドに
人見知りの天使

何もないけど夢中だった

彼女が泣いているので
俺達はギターを弾くのをやめた

痛みに流れても
きっと誰かのために
笑顔を浮かべた
人見知りの天使

その音はとても綺麗だった

彼女が泣き止むまで
俺達はギターを弾くのをやめた

孤独の声に溢れた涙
生まれて来て良かったと思った

いつかの誰かの詩
俺のギタリストはマーシャルに向かって
天使が消えた部屋
俺のギタリストはSGを抱えてる

世界が止んだ音
俺のギタリストはコカインを弾いてる
天使が消えた空
俺のギタリストはコカインを弾いてる


 Thank you
初めての天使と最後のギタリストに

スポンサーサイト



プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム