FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2014/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/02

アイライン

指先の色
ワイングラスに添えて
抱いて抱かれて
キスしたのかもう思い出せない

記憶の先
アイラインに引かれた
境界線
愛した人はもうどこにもいない

今夜 他人のふりして別れよう
きっと二人は雨の日には慣れない

視線の色
捨て台詞を待って
溺れた身体
キスしても血の味しかしない

自明の月
愛のままに壊れて
見詰め合っても
愛した人はもうどこにもいない

今夜 別れは強めのアイライン
きっと最後まで絵になる女だよ
              (ヒ ト)

「そして私は嘘を塗り潰す」
スポンサーサイト

Naked Spirit



傷跡

裸の視線

フォアローゼス

私はストーンしてる

ツェッペリンじゃなきゃ濡れない

download_img_02.jpg

Tear

Scar tissue

Naked eyes

Four Roses

Coz I get stoned

I must feel Led Zeppelin

On The Rocks

今宵も悪酔いみたいで
唇なぞって脱線
スペードのエースを隠して
蛇の頭を潰したのは誰だ

恋は以上で愛はそれ以上
目の前の女は最高の後悔

My heart on the rocks
You bringing down the horse

今宵もウイスキーグラスで
視線を返して伝線
カウガールの歌を歌って
砂漠の真ん中で溺れたのは俺かよ

夢は以上で華はそれ以上
目の前の女は最高の後悔

My heart on the rocks
You bringing down the horse

マリファナガール

僕は正しいことに興味なくて
笑ってるけど思ってるんだ
君はかわいい人でスマイリー
これでも一応 心配なんだよ

マリファナガール ooh
マシンガントークだね 
相づち打てないよ

マリファナガール ooh
ベランダで育てるんだね
気をつけなきゃだぜ

僕はノードラッグでぶっ飛んで
イカれてるけど笑ってるんだ
君のかわいい嘘に救われて
だからさ やっぱり大好きなんだよ

マリファナガール ooh
マシンガントークだね 
もう2時間たったよ

マリファナガール ooh
ストレス発散できたね
そこに見る君だぜ

fuckin' my love !

言葉を巡る冒険

自由になるために
痛みを突き放して
どれだけ優しくなっても
答えに迷って出口を探した

世界は言葉を巡る冒険
あの日の少年は星を歌ってる

自分を知るために
光へ手を伸ばして
約束は初めての詩
涙に生まれて笑顔に出会うよ

世界は言葉を巡る冒険
あの日の僕達は夢を歌ってる

無常

無い
力は無い
道は逆らわず
流れのままに

瞬間を捉える
ただそれだけのこと

無い
空には無い
時は満ち足りて
旅路の果てに

真実を手放す
ただそれだけだった

理から解き放たれて
自由は望みの先へ

ここに人は立っている

シルクハット

空間
無機質
音階
残像

シルクハットに言葉の切れはし
花売りの少女が微笑む
それは殺されてなお生きている
確信する日にはゴミだと思う

血管
無期限
振動
明滅

シルクハットに意識の切れはし
花を手に少年が微笑む
それは殺されて生かされている
アイデンティティーはゴミだと思う

空間
異次元
旋回
残響

ボクはキミの眼に映るのが怖い
Do you know what I understand ?

I Love You

国道を横切って責任を果たす
彼は何人殺した?
俺は道に倒れた人間を無視する

I love you
I love you in the free world

レイプされたと告白を始める
お前は何人殺した?
俺は傷を眺めてセリフを言うのさ

I love you
I love you in the free world

柱に縛って食事を始める
彼女は何人殺した?
俺はSEXの誘いを断わり続ける

I love you
I love you in the free world

枕元に包丁を置いて眠る
お前は何人殺した?
俺は育ての親をナチスと呼ぶのさ

I love you
I love you in the free world

I love you, I love you, I love you

Address

宛て先もないような想いを書いている

どこへも届きはしないかも知れないけど

終着駅で見る光景を描いては

今もまだ明日の行方を想ってるよ


僕達は意志と意志を繋いで紡いだ

物語は星と星を繋いで生まれた

全ての始まりは光だった

全ての始まりは愛だった


信じられないならそれでもいいよ

何もかも受け入れなくていいから


ただ、君の名前を呼ぶよ

LOVE

僕は君になれないし
君は僕になれない

僕は君を知りたいと思ってるけど
君の全てを知りたいとは思わない

君を救いたいと想うけど
君を救えるとは想えない

ただ自分に正直でいたい
君の前では本当でいたい

僕に出来ることなんて高が知れてる
だけど大切なことはきっと一つだけ

今も人生が何なのか解らないから
生きてる意味なんか知らないけど

人の痛みを知ることは出来たから
だから偽物の優しさは捨てたんだ

涙の理由が解らなくても
君の痛みには寄り添っていたい

愛の意味なんて考える前に
僕は君にこの手を差し出すよ

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム