FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2016/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312016/08

夏が好きだ

夏が好きだ
走りたくなる
なんでかは知らんけど
空へ向かって好きだとか
叫びたいなら夏だった

君は曖昧に笑うけど
真夏の太陽は人を問わないだろう

夏が好きだ
スポンサーサイト

後2、3年もしたら凄まじい美人になる

約束通り
午前6時の駅で
行き先を聞いて
電車に乗せたら
あの娘 見えなくなるまで
一回り年上の馬鹿に向かって
笑顔で手振りやがってさ

恥ずかしくて見てらんないのに
人と向き合う時は 目は逸らせないよな

いつかどこかで出会うなら
真っ直ぐ生きてみせられるから
昔の自分に似た誰かを見て
生まれて初めて歳を取った

触れられたくない過去に触れられる
目の前の笑顔は夢にまで見た自由だろ

16歳 女子高生 ロック少女 多分、処女
彼女 後2、3年もしたら凄まじい美人になる
それだけ分かれば人を思うには十分だろうって
本当は何も言いたくなかったのに未来は手を振る

16歳 女子高生 ロック少女 史上最高
さあ、行け 後2、3年もしたら凄まじい美人になる
思ったまんま希望を描く日は白線の内側
7月の梅雨が明けたらしい青空を見て笑うだけ

No Ballad

Aメロはない
Bメロもない
もうどうでもいい
自由にさせて欲しい

目と目が合った
終わった 本音を見たよ

愛してない
もう何も必要ない 
君が欲しい
今 行かないで どこへ行くんだよ

心じゃない
体でもない
代わりは役に立たない
バラードには慣れない

で、だから何だ
聞こえない 本当を言えよ

愛してない
もう何も必要ない 
君が欲しい
今 望まれて腕の中で死ねよ

全部置いてきた 全て懸けられる
そこに嘘があっても何も恐くないんだよ

愛してない
もう何も必要ない
君が欲しい
今 行かないで どこへも行かないで

愛してる
そんな言葉じゃ届かない 
君が欲しい
今 抱き寄せて最後まで歌うよ

You are No Ballad

世界中へ

愛してる
見ての通り
君を愛してる
今 答えたんだ
世界は救えない
だから変えられると想う

奇跡に生まれて
自由に笑ったからには
子供のように考えたよ
誰もが未来を想像したんだ

世界を手に取る
世界中へ伝える
悪いけど今夜は愛する人のことしか考えられない
俺達は光が消えても希望はあると信じてる

そう信じるよ
たとえ何があってもだよ

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム