FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2016/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312016/11

路地裏のブルース

折れそう
小さな手のひら
不安で潰れそう
身体に染み付いた跡は
誰にも隠せない
お前は孤独を噛み締める

路地裏のブルース
そこに咲いた花に触れまいとして

折れそう
汚れた眼の前
望んで壊れそう
痛みに見せられた後は
名前すら残らない
俺達は孤独を噛み締める

路地裏のブルース
そこに咲いた花に触れまいとして

風が吹き抜けて往く
戻れない道を人は戻らない
掃いて捨てられるような
そんな安っぽい物語でよかったのに
スポンサーサイト

もっときつく抱き締めれば良かった

泣いてるよ
誰かが傷つけた跡に
迷ったあげく 追い打ちかけたから
誰もいなくなるって 細い体 震えて
目の前 人が歩いてる 荷物が邪魔だった

抱き締めて分かつ痛みなら
もっときつく抱き締めれば良かった

泣いてるよ
誰かを傷つけた後に
迷ったあげく 伝えなかったのに
誰かのために笑って 遠い涙 望んで
目の前 人が通り過ぎる 何もかも遅かった

抱き寄せて別れる人なら
もっときつく抱き締めれば良かった

ここから立ち去る
言い訳を言いにやって来た
君の街で自分が誰なのかを知って
やっと人を好きになった結果がこれ

抱き締めて分かつ痛みなら
折れるぐらい抱き締めれば良かった
もっと強く心から傷つくまで人を
ただ君を抱き締めてみせれば良かった

ひとり

人は変わるのに
俺は何も変わってない
酔っ払って倒れ込んだベッドで
昔と同じセリフを聞いても 同じじゃない

下着姿で眠る女を眺めて独り 呆れる
お前は変わったのに俺は変わってない

今夜の彼女はいじらしいぐらい素直で
見違えて見えるほど綺麗だったのに

笑い合った日を
俺は何も答えてない
肩を組んで歩いた道を過ぎて
昔と同じセリフを聞いても 触れない

ベッドに座って眠る女を眺めて一人 愛してる
お前と出会ったのに俺は答えてない

今夜の彼女はどこか寂しそうに見えて
思えば思うほど優しかったのに

傷つけ合った日々が嘘みたいに懐かしい
この手を取っていつか全速力で走った 笑った 見上げた

今夜 愛する人の隣で項垂れて
出会えて良かった ずっと思ってた ありがとう
今夜も結局 彼女は女でしかなくて
俺は朝になれば別れるだけの男だ

モテ期早過ぎ

おれのモテ期早過ぎ
中学一年生の一学期って どういうこと
目と目が合ったらラブラブビーム
笑顔が好きに歪んで困ります

ああ 神様 モテ期早過ぎたって
まだ女の子と何していいのか分かりません
なのにあそこにいる女全部笑わせてくるって名言
喫茶店にて綺麗なお姉さん 一人残らず笑うから

おれのモテ期早過ぎ
中学一年生の一学期って This is a pen
イタズラなキスして 好き好き攻撃
みんな好きって言ってる言われても

ああ 神様 モテ期早過ぎたって
ずっと女の子笑わせて逃げ出すのがオチです
だっておもしろくて頭よくてカッコいいって最高
クラスメイト全員笑ったら 一人残らず好きだった

えみちゃん あべちゃん たけださん まさみにかいこ そして みわ
ねえ シャンプー何使ってるって男に聞いてどうすんの? みわ!
えみちゃん あべちゃん たけださん まさみはかいこ そして 今
おかげ様でモテ期早過ぎたってこんなん出来ましたけど? ああ!

さらばモテ期 いざ 行かん

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム