FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

« NEW

特等席

花を歌って
風を起こして
心躍って跳ねたスカート
メリーゴーランドのように
鮮やかに時を止めて回れ

遊び疲れて
微笑みかけて
君は公園のベンチで
僕は君の隣で夢を見る

ここは特等席

マギーズ・ファーム

どうしたって
田舎暮らしには向かないね
鞄一つで飛び出して来た
夜遊びが過ぎたお前を追って
青空の下 思ってもいなかったような夢を見るのさ

マギーの農園でトラクターに乗って
一仕事 後は草むらに寝っ転がって

どう見たって
田舎暮らしには向かないよ
実家へ帰ってみたってさ
夜更かしが過ぎてお前の寝顔
お花畑で天使を歌ってしまうなんてクレイジーだ

マギーの農園で自転車に乗って
恋に落ちた後は草むらに寝っ転がって

ヘイ ギター!
行ってしまえばハネムーン

起きてよ 見渡したって何もないよマギー
着替えのパンツが足りなくなる日も遠くないよマギー
寝ても覚めても俺にはお前以外誰もいないんだ

マギーの農園でトラクターに乗って
一騒動 後は草むらに寝っ転がって
マギーの農園でいっそのことやって
ここまで来た日には草むらに寝っ転がって

どうなることやららららら

デ・ニーロ

ロバート・デ・ニーロ
最近 あんたの映画をいくつか見た
好きでもない 嫌いでもねえ
初体験の時は奥が深くて
十代の頃の自分にはあくが強すぎたよ

あんたの顔に刻まれた皺
人生はコメディーみたいさ
歳を食えば食うほどデ・ニーロ
愛さずにはいられないだろう

ロバート・デ・ニーロ
思うよ あんたが主役の映画を見て
演じても何者でもねえ
手に入れては自ら手を離して
二十いくつかの時分には恐くて仕方ないよ

あんたの顔に刻まれた皺
人生はフィクションみたいさ
長生きすればするほどデ・ニーロ
愛さずにはいられないだろう

ロバート・デ・ニーロ デ・ニーロ
ロバート・デ・ニーロ デ・ニーロ
ロバート・デ・ニーロ デ・ニーロ
ロバート・デ・ニーロ デ・ニーロ
あんたのいやらしい笑顔を見た
つれづれに思い出した女はミシェル・ファイファー

DV

なあ 何の信念があって
お前 女に暴力うたってんだ
命を覚悟したから
お前は女に暴力振るうんだろ
痛みとやらを教えてくれよ

アンジェリーナ・ジョリーのケツ蹴りてえ
アンジェリーナ・ジョリーのケツならオレも蹴りてえよ

これが今流行のDVか
お前の女の相談乗ったところで
売られた喧嘩なら買え
お前は女が恐くてしょうがないだけ
殴った手は死ぬまで痛む

アンジェリーナ・ジョリーのケツ蹴りてえ
アンジェリーナ・ジョリーのケツならオレも蹴りてえよ

「信念、忍耐、善意、個性、魂」

暴けど顔を出すは性に合わない傷跡
今日は帰りたくないって正にドメスティック・バイオレンス
アンジェリーナ・ジョリーのような女に蹴られたい
お前と同じ男として俺なら最低だ Fight!

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム