FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

花火

君の街で
花火を見る
時の流れに逆らわないで
恋人どうしみたいに

何かを言った気がする
想いを伝えられない僕達は

君の隣で
花火を見る
人の流れに逆らわないで
続きを願う場所で

光へ届く気がする
夜空を見上げた時の僕達は

今に昨日も今日も明日も
行く夏は花火のように君を見せて
スポンサーサイト



慈悲

炎立つ
情熱の跡
記憶はケロイド状
音が蠢いてる
信念は再生する
癒せない傷などないだろう

この冷静は客観的に見てのことか?
俺は十字架に口づける癖を治さない

落ちたら上がってこい
だったらここまで上がってこいよ

光発つ
闇に望んだ
存在依存上
神が聞いて呆れる
真実を形成する
想像の斜め上を描いた

その衝動は本能を理解してのことか?
お前の十字架にキスする癖は直らない

落ちたら上がってこい
だったらここまで上がってこいよ

この手は星を希望する
その手に意味を持たせてくれ
血の色は同じだった 違うか?
慈悲に満ちた意志だった 違うか?

僥倖

ずっと
命より重い
望んで悪魔を飼った
地獄を見るまで踊り続ける
今夜は死んだ女のせい
泣けない人間になった

誰も許してくれない
俺は生まれて幸せだったよ

今も昔も
生きるのはたやすい
望んだ通りになる
開かれた扉 恐れに立つ
夢見て死んだ女のせい
愛されて優しくなった

始まりも終わりもない
生まれてきて良かった 良かったよ

あぁ 夏

今日も暑いな
思えば何だろな
昨日は花火で熱帯夜
弾けて飛んだ青空だ

100%もぎたて 夏
あぁ あつー 夏

今日も暑いな
36℃ 汗だく
冷えたソーダ水で割って
君は玄関先で孵化した 飛んだ

もぎたて100% 夏
あぁ あつ あつ 夏

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム