FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

散歩

主人に連れられ
一生懸命歩いてる
後ろ足が一本ない犬
かと思えば馬鹿にしか見えない
猫の首輪にリード繋いで歩いてる女
あの優雅な猫 十万ぐらいするんだろうな

アパートから道へ
勢いよく飛び出してきた
左足が義足の青年
歩いているようには見えない
一心不乱に歩く姿 走ろうとしてる
百万懸けてもいい あの背中はいつの日か必ず走る

さっきからずっと
スマホ見ながら歩いてくる
顔を上げる気なさそうだ
改めて喜んで道 今日は遠回りして帰ろう

スポンサーサイト



プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム