FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

明けない夜

明けない夜の
都会の片隅で
傷だらけの天使よ
守れるか 癒せるか 歌っても
知ったこっちゃないね

腕を広げて飛ぶ
背中から落ちていく
真っ逆さまに街の灯を追いかけて

明けない夜へ
窓を開け放って
傷だらけの天使よ
泣きたい時は会いに来て
オレを救い出してくれ

腕を広げて飛ぶ
背中から落ちていく
真っ逆さまに街の灯を追いかけて

並び立つ高層ビルは鏡合わせ
今生きて 今夜愛せたら どこまで飛べるか
落ちて割れて飛び散った硝子の様な瞳
目の前の真っ直ぐな眼差しが痛いね
 
Capo=2f
Am7 C G FM7 ×2
Am7 C G FM7 ×3 G G
FM7  C G FM7 Em C/B FM7 E7 E7
Am7 Am7 Am7 Am7
FM7  C G FM7 Em C/B E E
FM7  C G FM7 Em C/B FM7 E7 E7
Am7 C G FM7 ×Re

スポンサーサイト
COMMENT
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/723-3752645b

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム