FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

とは言え

人の流れに乗って
横切って行く
13メートルぐらい先
昔付き合ってた女が歩いてる
相変わらず綺麗でクールな横顔

現実は見るでも見ないでもなく
後になって間違えるが落ち
とは言え 大して笑えないよな

人波を掻き分けて
横切って行く
後悔 後先に立たず
勝った負けたで男が歩いてく
何だかんだ言っても心から生きてる

目の前を見るでも見ないでもなく
間違えても行けば分かるが落ち
言われてもな 大して笑えないよな

思ってもみなかった
生きた気がする
立ち止まっても 振り返っても
追いかけて 追いかけて 追いかけて

人生は裏でも表でもなく
抱き締めたくて噛み締めるがオチ
とは言え やっぱり笑いたいから
 
Am7 FM7 C G6 ×2
Am7 FM7 C G6 ×6
Am7 FM7 C G6 ×2
Em C/B FM7 ×4 G6 G6
Am7 FM7 C G6 ×3
FM7 FM7 FM7 FM7 C G6 FM7

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/733-1cdaf219

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム