FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

君が眠る間に

ほら
橋の中央
円を描いて
洒落た街灯の下
下手なキスして
淡い夢を見た天使達

僕は歩みを進める
君が眠る間に 一人
部屋から抜け出して

ほら
月の形に
心を寄せて
落ち着いた空の下
明日を誓って
羽ばたく夢を見た天使達

僕は歩みを進める
君が眠る間に 一人
部屋から抜け出して

今日はガードレールに守られた
月明かりの道をまっすぐ
こんな僕を連れて帰ろうと思う夜
こんな僕を連れて帰ろうと思う夜
 
DM7 C#m D AM7 ×4
Bm7 C#m7 DM7 AM7 ×2
AM7 DM7 Eadd9 AM7 ×4
AM7 DM7 Eadd9 AM7 ×4

スポンサーサイト



COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/734-9a8b6bde

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム