FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

勝手知ったる街を行く

彼の機嫌が悪いのは
昨晩デリヘルを呼んだせい
みんな大人になったもんだで
席に着けばマダムがお茶する午後
衝動買いのジーンズ サンローランのドレス
予想外 彼女の左折は大胆不敵

勝手知ったる街を行く
僕は気まぐれ
君を止めやしないね

パンケーキ食べ過ぎた
休日は年貢の納め時
探してもない物はないから
太陽目指して急がば回れ
物を持たないあの子は人見知りの天使
すれ違う日の彼女は他人の空似

勝手知ったる街を行く
僕は大真面目
君が笑えばいいだけ

踏んだり蹴ったりノーリアクション
うっかりばったり出会ってみるもんだ
 
F C G ×4
F C G ×4
FM7 C G Am7 FM7 C G Gsus4 G
C G F C G F G
F C G ×2
F C G ×2

スポンサーサイト
COMMENT
obaさん、こんにちは^^

都会の街で生活する人...
その心を垣間見るような...
詩でした。

読んでいたら、美味しいパンケーキを思い出して
食べたくなりましたよ~^^♪


COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/738-27758a2e

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム