FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

セックス

今夜
明かりを消し
コンドームを嫌がる
生まれには痛みがある
アダムとイヴの時代から
林檎が地に落ちるように
彼女には与えられた痛みがある

乾いた音を立てる
プラスチックの信念
何も信じられなくて
信じられなくて

今夜
光を背に
コンドームを嫌がる
命には名前がある
翼を広げた鳥が
風に身を委ねるように
彼女には与えられた名前がある

渇いた音を立てる
ドラスティックなセックス
何も信じられなくて
信じられなくて

今まで守ってきたものは
声を上げて叫んだ自由は何だったんだろう
天使は遅れてやって来るのかも知れない

求めて止まなかった世界へ
自分を縛っていた記憶が
剣を立てて崩れる
生まれて初めて恐れて
今 手を放して
 
Am9 Am9 CM7 CM7 ×2
Am9 Am9 CM7 C ×2
FM7 G Am7 Am7 ×2
Em-13 Asus4 FM7 FM7 ×2
Aadd9 Aadd9 Am C6
Em-13 Asus4 FM7 FM7 ×2
E7 E Esus4 Esus4/C
FM7(9) G C6 Em-13 ×4

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/746-5ac70eb9

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム