FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

さよなら 夢見た街で逢おう

喧騒
口々から
溢れる人波
信号 止まない群集
生き急いで転がり落ちる
アスファルトの空から
一歩踏み外したら
残された時 持て余して
声が枯れるまで歌う
さよなら 夢見た街で逢おう

横顔 醒めた眼 強いまなざし
笑うよ 忘れないで 愛してるなんて

群青
モノローグ
流れる人波
足音 止まない現実
信じ切って 人を縫って
過ぎたバスストップ
想い出が躍ったら
残された時 走り出して
巡り逢うまで歌う
さよなら 夢見た街で逢おう

横顔 醒めた眼 強いまなざし
笑うよ 忘れないで 愛してるなんて

三百六十度 人込みの中 立ち止まる
確かに誰かと擦れ違った気がする
後ろ姿 足元から開け放たれる空

縦を切ったビルを鳥が横切った
縦を切ったビルを鳥が横切った
 
Capo = 2f
Am7 Am7 A7sus4 Am7 ×4
Am7 Am7 A7sus4 Am7 ×4
FM7 FM7 G G ×2
C Em7 FM7(9) FM7 ×2
C Em7 FM7(9) FM7 ×Re

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/750-f2bd2187

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム