FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

雨に濡れて

夜には
雨が降ると解ってる
先を解って傘を持って行かない
帰り道 立ち止まって 君が空を見詰める頃には
理由を探さないと抱き締められなくて
時は降り出した雨に濡れて 君を伝えてみせるから
何も言えなくて

雨に濡れて
まだあの雨の中を歩いてる

瞳は
雨を通し透き通る
長い髪を伝って描き出す
雨の道 纏ってみせる君の姿 綺麗だと思う
思えば始めから答えを解っていて
全ては降り出した雨に濡れて 君が視線を戻す瞬間
何も言えなくて

雨に濡れて
まだあの雨の中を歩いてる

雨音 傘はない
もう何も偽れない
街灯の光が雨を縫って
君を浮かび上がらせた

雨に濡れて
またあの雨の中を歩いてる
雨に濡れたくて
まだあの雨の道を歩いている
 
Capo = 1f

CM7 C FM7 C
CM7 C FM7 C ×3
G Am7 FM7 C ×2 Am C/B E7
FM7 C G Am7 ×2
D7sus4 Dadd9 FM7 Fadd9
D9 D9 FM7 FM7 C C Gsus4 Gsus4
Am7 A7sus4 FM7 C ×2
G Am7 FM7 C ×2 E7 E
FM7 C G Am7 ×2 FM7 C G Am7 ×4
Am7 Am7 A7sus4 Am7 ×4

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/758-8d5c8410

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム