FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

戯言

ほら 一羽
鳥が空を見据えてる
お前も昔はあんな目してたよ
友よ 風の声を聴いたか
今はもう懐かしい人生
語るべきは何だった
誰の言葉も一言一句 胸に残ってんのにさ
時代は去る者を追わなかったろ
だけどそれもどうなんだろうな 終いには思うよ
かっこつけてさ 見上げたプライド 何本折れたよ

ここに立って涙 なんて戯言 歌ってさ
愛する人 お前の自由だ 守ってみせろよ

ほら 一羽
鳥が青を消えて行く
お前は冷静の内に眠るよ
友よ 旅の空は遠いか
今はもう懐かしい人生
黙っていれば嘘だった
何が残った 調子どう 元気か 相変わらずでもさ
置いては行けないものがあったろ
いつか本音も本音なんだよな 終いには笑うよ
蹴りをつけてさ 見上げた日にはどんな顔して 手振るよ

思い出はあるか ここに戯言 歌ってさ
愛する人 お前の自由だ 守ってみせろよ
 
Am7 G FM7 G ×8
C G FM7 G ×2
Am7 G FM7 G ×4

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/765-7a5a9774

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム