FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

ファスナー

髪を束ねて
君が背中を向ける
言われたとおり
ネックレスの留め金を留めて
背中のファスナーを上げた

初めてかも知れない
こんなにもはっきりと誰かを想うのは

デジタル時計の表示 何時でもいいよ
僕を振り返る君が笑っていればいいんだよ
まだ少し心が散らかってるけど

羽を広げて
君が背中を向ける
望んだ軌跡
受け取った鍵でドアを開けて
背中のファスナーを上げた

生まれ変わっていく
こんなにもはっきりと確かな想いは

絵に描いたような光 自由を見るよ
僕を振り返る君が笑っていればいいんだよ
想えば恥ずかしくてしょうがないけど

始まりかも知れない
ファスナーを上げて君のことを想うときは

一緒くたになって 今 何時でもいいよ
僕を振り返った君が明日を言えばいいんだよ
ほんの少し時間がかかったけど
下線文 
Capo = 2f

FM7 Gsus4 C
FM7 Gsus4 C ×5
Fadd9 G Am7 C ×2
FM7 G Am7 C ×2 Dm7 C/B F G
FM7 Gsus4 C ×4 G G G G
C Cadd9 C Cadd9 ×2 C/G

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/770-bb42235a

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム