FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

月の下

月の下
抱き合って
幻を見てる
君じゃないと分かった
孤独に拍車をかけて
体から血の気が引くまで
誰にも言えないようなことやって
満月が川面に浮かぶ夜は

君じゃなかった
欲しいのは君じゃなかった
月の下 結ばれて息を殺したのは
月の下 傷ついたのは君じゃなかった

明かされた 見え透いた嘘を行くよ
 
Capo = 1f

Em Em Em C/B
Aadd9 FM7 Em-13 G ×4
Aadd9 FM7 Em-13 G ×4
FM7 C Cadd9 G Am7 Asus4 ×3
C/B C/B FM7 Em-13 Asus4 Aadd9
Aadd9 Aadd9 Aadd9 Aadd9 ×2

スポンサーサイト



COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/772-0702e224

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム