FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

酔い過ぎたみたい

その先を想って
国道を見てた
沈黙が下りて
知った心を行くか 帰るか
立ち止まったままの時を
彼女は月に話しかけた

酔い過ぎたみたい
私は寂しそうに見えた

その先を想って
国道を見てた
答えてしまえば
どこへも行けない気がして
後ろ髪引かれた時を
彼女は月へ問い返した

酔い過ぎたみたい
私には羨ましく見えた

現れて 明かされる
胸に秘めた想い 光通した姿
誰の目にも鮮やかなさようなら
 
C G6 Am7 Am7
C G6 Am7 Am7 ×3 FM7 Gsus4
D7sus4 D7sus4 D9 C/D
FM7 C D7sus4 FM7
C G6 Am7 Am7 ×3
C G6 Am7 Am7 ×3 FM7 C Gsus4
D7sus4 D7sus4 D7sus4 D7sus4 ×2

スポンサーサイト



COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/776-2b769fc9

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム