FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

« 臨月 人生 »

人の道

人の道に
杖をついた老人
車が通り過ぎるのを待っている
目と鼻の先にゴミ袋の山
電柱に留まったカラスを見た

あなたのように自分を許せる日が来て
人は静かに 心静かに 歩み始める

人の道に
杖をついた老人
時は降り積もるのだと知っている
目と鼻の先にゴミ袋の山
両の手に余った自由を見た

あなたのように自分を許せる日が来て
人は静かに 心静かに 歩み始める

いつの日か
命を分かったら
手を放して 道を踏みしめて
歩くために歩きたい
 
FM7 C G Am7 ×4
FM7 C G Am7 ×4
FM7 C G Am7 ×2 FM7 C G Gsus4
FM7(9) FM7 G6 G FM7(9) FM7 G6 G FM7(9) FM7 G6 G Am7 ×2 C/B C/B
FM7 C G Am7 ×2 FM7 C G Gsus4

スポンサーサイト



COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/782-45c2c2e6

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム