FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

初夏

風が吹いて
立ち止まった
白のワンピース
飛びそうになった帽子 手で押さえて
少女が通り過ぎてゆく

擦れ違った後
どこまで行ったと思う

風が吹き抜け
記憶を紡いだ
伸びた影が揺れる
真っ直ぐだった瞳 目に留めて
見上げた空 時を定めて

擦れ違った跡
どこまで行ったと思う

通り雨が心の扉を叩く
あなたの腕に抱かれ眠りたい
それまでは誰にも触れられたくない
まだ何も知りたくない 私達

手のひらから蝶を飛び立たせて
夏が来るまでの間 幸せでいられると思う
 
Capo = 2f

FM7 G7 Am7 Am7 ×2
FM7 G7 Am7 Am7 ×4
FM7 G7 Am7 C/B ×2
E F G7 Am ×2 FM7 FM7 G7 G7
FM7 G7 Am7 Am7 ×4
Em7 Em Esus4 Am Aadd9 Em7 Em E F G7
D9 FM7 C/G C/B ×Re

スポンサーサイト



COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/800-990a7809

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム