FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

夏の夜の森

空からクモが伝う
足元にイタチが踊る
フクロウが右見て左見て
舌を出した蛇の道はヘビ
何を隠そう闇を歌う諜報員
湖の畔を飛び出してきたカエルと併走
柔らかな月明かりを頼りに
方向音痴のザリガニが森へ向かう夜
ノースリーブの肩に生えた羽は
時を架けて約束に染められる
腕に留まったカナブンを夜空に投げた

街へ出て来た君はアライグマ
先を急ぐなら喜んで道を譲るよ

スポンサーサイト



COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/811-47a0e4c2

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム