FAILBOX -star and stone-


いつかの誰かの詩。 そんなことより、君に光がありますように。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

荒く激しい音
美しい声を聴いた
十年遅れて届いたよ
逢いたくて仕方ない
夢の跡に枯れた今
胸に響いて 此処に残って
落ち葉の道を踏み締めて鳴る命
俺達は何度 星を見上げたんだろう
生涯最後の友よ お前に逢いたい

スポンサーサイト



COMMENT
大事な人がいるのは幸せだけど、その人を失うと悲しみは大きいだろうなと思います。
最初からいないのとどっちがいいのかなと考えました。

「生涯最後の友」「遅れて届いたよ」というところが切ないです。
また逢えるシーンを、何度も心に描きそうです。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://starandstone.blog.fc2.com/tb.php/821-4bb6c299

プロフィール

oba

Author:oba
 
いつかの誰かの詩

言葉はイメージを行く
ありがとう、幸運を祈る。

☆リンクフリー☆

詩、文書、画像等の著作権はobaに有ります。詩等の無断転載、複製は禁じます。

カテゴリ

フリーローテーション

最新記事

全記事表示リンク

カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

検索フォーム